東京の病院に寄せる期待

 東京で看護の仕事をしたいとおっしゃる方がいることでしょう。東京の病院で看護の道を極めようとする気持ちを強く抱いているのが窺えて、東京に生きる看護師として羽ばたいていくことを夢として掲げていくのです。東京ならば夢実現を果たせるはずだと信じているのが感じられて、東京の病院には底知れぬポテンシャルがあることを感じ取っていくのであります。ともすれば東京の病院で新たな自分を見つけようとする方が居ても不思議ではなくて、東京人のような積極的思考の人間になりたいと思うようになるのです。
 東京の病院でベテランとしての地位を確立した看護師がいることでしょう。東京で看護業務をすることを選択したことが自分にとってプラスだと感じているのが窺えて、東京の病院で働くことは運命的なものだと思っても不思議ではありません。東京で働いていたからこそ今の自分があるのだと感じ入っているのが考えられて、東京の病院が人生の道しるべになっていることを強く意識していたのが窺えます。
 東京の病院から力を貰っているように感じてくる看護師がおられることでしょう。まるでその力によって生かされているように感じていると思い、時としてその力が無限の力となって自分の味方になっていることを実感しても不思議ではないのです。東京の病院が自分のポテンシャルを引き上げているように感じることが往々にして考えられます。その病院を希望の象徴だと思うのはよくあることです。
40代後半の転職をされた看護師さんからは、やってみてよかったという意見をいただいています。特に東京という土地柄でしょうか、入職後のコミュニケーションはスムーズだったようです。また、転職先はデイサービス施設。ナースについてのリスペクトが高く、さらに複雑な高齢者医療に長けている方でしたので良い転職事例だったと思います。