高い年収を期待して

 看護の仕事をすれば、どのくらいの年収が期待できるのかを考えている方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。看護ニーズの高さが高い年収に直結しているはずだと信じている方が少なくないと思い、これだけ社会に必要とされているのだから、仕事の忙しさに見合う高い年収を貰えて当然だと思っても不思議ではないのです。
 看護師は聖職だと言われているから、聖職者として相応しい年収を貰えるかもしれないとおっしゃる方が居ると思います。高い年収さえ貰えれば、仕事の忙しさで感じるストレスなんて吹き飛ぶとおっしゃる看護師が居そうです。年収の高さが仕事のモチベーション喚起に一役買うと考えられて、高いモチベーションで仕事をすれば、あっという間に仕事を消化できると思っても不思議ではありません。充実した人生を送れるのは高い年収を貰っているからだとおっしゃる看護師が居るでしょうし、人生の質を高めるべく、高い年収を貰えるようにするため仕事に精を出す看護師が沢山居るのが窺えます。
 ベテラン看護師は、往々にして高い年収を貰っているものだと思っている看護師が結構おられると感じるのです。病院への貢献度の高さが年収に反映されているのを窺い知れて、努力をした分だけ報われることを高い年収が物語っているかのようであります。入職したての新人は、長く働けばベテランのように高い年収が貰えるようになるはずだと信じていることでしょう。高い年収を貰っている看護師はカッコいいと思ってそうです。